サイトマップ / 大和葛城山 花暦

ホーム高原散策四季登山コース図鑑エッセイオリジナル作品写真工房交通情報プロフィール


登山コース

@ 葛城山ロープウェイ

A ジョウモン谷・御門道

B 秋津洲

C 天狗谷・青崩道

D 水越峠

E 弘川寺


尾根コース

F ダイヤモンドトレール


山麓コース

G 葛城古道

H 祈りの滝

 

D水越峠

 

葛城山水越峠登山口平坦な歩道標石(ダイヤモンドトレール)自然つつじ園葛城山山頂(所要時間 大人1時間40)

 

水越峠』は、大阪府と奈良県の県境に位置します。特に駐車場は無く、ハイカーの多くは道の脇に車を寄せて駐車しています。『水越トンネル』が出来てからは、車の往来が少なくなっています。富田林駅からの金剛バスを利用する方法もありますが、本数が少なく不便です。道端には黄色い『シマカンギク』があちらこちらに咲いています。大阪側に金剛山の登山口、奈良県側に葛城山の登山口があります。距離としては最短コースですが、急な階段やキツイ段差が続くので、ちょっと苦労します。始めは石を敷き詰めた坂があります。くれぐれも足元に気を付けてください。やがて山沿いに登山道が続き、中間点付近には平坦な歩道がしばらく続きます。ここで元気を取り戻してしばらく行くと、今度は左への坂 道がかなり続きます。段差の大きい階段状の登山道。ここはかなりの辛抱です。でも『自然つつじ園』には、秋の山野草の『リンドウ』『センブリ』『リュウノウギク』や『ススキ』の黄金色の波が待っていますよ。\(^O^)/。このコースの魅力は、金剛山を振り返り、振り返り登っていけることでしょうか。(下山時に時間をうまく調整すれば、写真のような夕日を拝めます)祈りの滝』へも足を運んでみてください。ここには水質検査済の水源があって、いつも水汲みのために何人も並んでいます。修験道の開祖『役の行者』も幾度となく通った滝です。あとは『葛城古道』を抜けて御所駅方面までの長距離です。

 

 

 

サイトマップ / 大和葛城山 花暦 / お問い合わせ