サイトマップ / 大和葛城山 花暦

トップページ高原散策四季登山コース図鑑エッセイオリジナル作品写真工房交通情報プロフィール

  

春の風景

・深緑の眩い季節

 

夏の風景

静かな癒しの空間

 

秋の風景

・鮮やかな紅葉

 

冬の風景

・美しい氷の世界

 

 葛城山の冬の山頂付近は、氷点下に凍りつき、『霧氷・樹氷』を見ることが出来ます。晴れた青空をバックにすると、木々の枝が白く輝き、それは別世界のようです。この現象を見るためには、ただ雪が降ればいいものではありません。前日に山を雲()がかぶさっていることや、適度の風が吹いていること。朝は冷え込むことなど。山麓から山頂付近を双眼鏡で眺めれば判断できます。『自然つつじ園』のつつじの枝にはびっしりと氷が張り付いています。氷は枝にとって風下の方向にまるで櫛(くし)の刃のように張り付き、ちょうどトナカイの角のようです。海老の尻尾というのはこのことでしょう。最適の時期は、1月の初旬くらいがいいように思います。2月頃などと言っていると、チャンスを逃しがちです。その美しさは言葉ではうまく表現出来ませんので、是非一度ご覧になることをお勧めします。行き交う人は数えるほど。この感動的で素晴らしい風景を独り占め・・・。なんて贅沢なんでしょう。山頂に行ってみると、ここでは子供たちが楽しそうにソリ遊びをして、とても賑やかです。ソリは高原ロッジで借りられるようです。

冬は『アカゲラ』、『オオアカゲラ』などのキツツキ類の野鳥観察にも適しています。『コゲラ』は小型の鳥ですが、元気いっぱいに目の前の枝を突付いて見せてくれます。冬を山頂で越す小鳥もいて、『ルリビタキ』なども見かけます。きっと峠を隔ててそびえる金剛山の山頂付近にも、氷の芸術が煌いていることでしょう。




 

 

サイトマップ / 大和葛城山 花暦 / お問い合わせ

 

Copyright © 2005-2007 naohiro_nara.All rights reserved.