サイトマップ / 大和葛城山 花暦

ホーム高原散策四季登山コース図鑑エッセイオリジナル作品写真工房交通情報プロフィール

 

エッセイ集

 

葛城山の生き物たち



美しい季節の調べ



環境問題



歴史探訪



登山の注意点



その他


■早春の里山を彩る「カタクリの花」


学 名 Erythronium japonicum

■分 類 ユリ科カタクリ属

■生息地 北海道から九州に分布。山地の林内に生える。


この花はユリ科の多年草で、『スプリングエフェメラル』 【spring ephemeral】(春の妖精)のひとつに数えられています。 スプリングエフェメラルとは、春の日当たりのよい時期に花を咲かせて 間もなくしぼんでしまう”春のはかない短命の植物”という意味です。

 葛城山山頂では、『自然研究路』などに群生しています。 雪解けを待ち兼ねたかのように、明るい紫色の花を、早春の落葉広葉樹林の林床一面に咲かせます。 種子にはカルンクルと呼ばれる部分があり、蟻がこの部分を好み(アリが好む臭いがある)、 巣の中にタネを運んで芽が出るといいます。花が咲くには発芽してから二枚葉になり 7・8年経たないと咲かないそうです。根は地中に深く、掘りあげることは困難です。 昔は地下茎から澱粉(でんぷん)を取りましたが、手間隙が掛かるため現在は行われていません。 気温が上昇すれば、花が開き、雨でも降れば、閉じてしまいます。稀に白い花も見かけることがあります。 開花を待ちわびた『ギフチョウ』も、 ヒラヒラと舞っています。

 関西では有数の『カタクリ』の名所。 しかし、以前よりかは、かなり規模が衰退しているといいます。 この『カタクリ』の一年目の幼い芽を 見たことはありますか?。糸のような、高さわずか10センチ。これを知らず知らず、 登山者が踏みつけています。『自然研究路』などにはロープが 張っていますので、中には立ち入らないようにしましょう。葉や花を踏まなければ良いというわけではありません。 ロープにて人の進入をさえぎっている理由は、この幼い芽を守るためでもあるのです。

※写真集『カタクリの花に逢いたくて』を公開中。


 
 

 






 

サイトマップ / 大和葛城山 花暦 / お問い合わせ